さいたま新都心 アングランパ(フランス菓子)

 
この記事を書いている人 - WRITER -

焼き菓子の感じとかがオーボンヴュータンに似ていると思っていたら、オーボンヴュータンで修行された方のお店でした。

マダムアングランパ 480円

周りはプラリネを細かくしたやつや、コーヒーが染み込んだ生地かな?プラリネクリームと、カラメルムースと、コーヒーのクレームブリュレが真ん中に入っていて、結構かっちりめのムース。くどくなく食べやすい。食べ進めると、真ん中のコーヒーのブリュレから、煎った香ばしい薫りがする。なんでだろうと思って、ちょっと周りのムースを取ったら、コーヒーの豆の粉末らしきものが降りかかっていて、これはいい匂いする。豆で主張してきた。ブリュレ単体は結構甘いけど、粉末の引き締め役がいるといないとでは全然違う。

洋梨のパイ

すごい綺麗に成形されているな…

縁の生地はパイ。結構苦くて、パイ生地というより絞れるタイプのココアクッキー生地?洋梨は、半割使われていて贅沢。焦げ目が食欲を誘う。焼かれて、とろとろで、余分な水分が飛び甘味が濃縮されて、カスタードベースのキャラメルクリームに負けないくらい甘い。パイは厚すぎず、層が細かく、周りに飛び散らず食べやすい。今、秋の味覚を堪能している。

ショーケースの上にタルトが置いてあって、もう、買っちゃうよね〜

カヌレ、タルトレットシトロン、アマンディーヌ。アマンディーヌは、タルト生地にアーモンドクリーム、アプリコットジャム。というのが基本なんだけど、アングランパのは中にチェリーが入っていて、ジャムはグロゼイユの半透明な赤で、綺麗。底が四角じゃなく、丸くなっている、ポンポネット型。オーボンヴュータンもこの型を使っていて、見た目が可愛いらしいし、中にたくさん入るの好き。

お店の情報

京浜東北線 さいたま新都心駅 徒歩5分

営業時間 10:00~19:30(日曜日は10:00~19:00)

定休日 月曜日

お問い合わせ 048-645-4255

埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4-187-1




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 美味しいから!とにかく、食べて。 , 2019 All Rights Reserved.