銀座 フレデリックカッセル(ケーキ)

2019/09/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

銀座三越B2Fにあるフレデリックカッセル

パリ郊外のフォンテーヌブローに本店があり、オレンジと天使のロゴがキュートなお店。

個人的にミルフィーユは飽きてしまうため苦手意識があったのだが、友達に「ミルフィーユはここが1番」とおススメされ食べてみたら、苦手意識無くなった。

パイ生地とカスタードのみのシンプルなケーキに、こんなに驚かされるとは思っていなかった。

パイの層が細かく、噛みしめるたび層がパラパラと崩れていくし、間に挟まれているパイは、カスタードの水分を吸ってへにゃへにゃになっておらず、不快感が全くない。むしろ、絶妙なしっとり感とさくさく感で違う食感が楽しめる。

パイはよく焼き込んであるため、小麦粉の香ばしさと、バターの風味をよく感じられパイ生地が、とにかく、美味しい。

美味しさの秘密はなんと、

ミルフイユ・ヴァニーユの生地は、フランス産の風味豊かな小麦粉と、シャラント・ポワトゥー産AOCバター「レスキュール」を使い、3日間かけて丁寧に織り込み毎朝焼き上げています。

公式HPより


3日…確かに時間がかかるけど、ここまでこだわって丁寧作っているとは…納得の美味しさ。

表面も工夫がしてあって、ちょっとテカっているのはキャラメリゼをしてあるから。この砂糖の香ばしさと、苦味がクリームの濃厚さを引き立たせている。

こうゆう細かい演出が、よりケーキを美味しくさせているんだろうなぁ。

そんなパイ生地に負けないクリームの、濃厚さとコク、バニラの芳醇な香り。

バニラを使いすぎると変に嫌な臭いがするが、これは全くそんなこともなく材料の良さを痛感する。シンプル故に誤魔化しが効かず材料を最大限に活かす研究と試行錯誤がうかがえる。

こんなに美味しいミルフィーユ。やっぱり人気で、早くに売り切れてしまうみたい。(この前夕方行ったらなかった…)取り置きもできるので確実に欲しい人は、お店に問い合わせてね。

今回は、ミルフィーユだけしか購入しなかったが、こだわり抜いた商品はこんなにも美味しいということを改めて知った。これから他のお店でも、苦手意識取っ払って色々チャレンジしたい。

そして、ミルフィーユですっかり魅了されてしまったフレデリックカッセル。他のケーキ達も味わいたい。きっと美味しいんだろうな…期待大!

お店の情報

銀座駅 徒歩1分 銀座三越B2F

営業時間 10:00〜20:00 日曜日・連休最終日は19:30閉店

定休日 銀座三越の営業時間に準ずる

お問い合わせ 03-3535-1930

中央区銀座4-6-16 B2F




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 美味しいから!とにかく、食べて。 , 2019 All Rights Reserved.