東京 グランスタ改札外 茅乃舎 汁や(出汁)

2019/09/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

高級出汁で有名な茅乃舎。

真昆布、鰹節、うるめいわし、焼きあご、塩、醤油で作られている。

焼きあごは、博多で馴染みのある食材らしい。東北とかかなって思ってたけど、全然違った(笑)

一度貰ったことがあったから、茅乃舎だしは知ってたけど、東京駅を歩いてたときたまたまお店を見つけて、出汁の試飲とかしたり、お土産用や、家庭用に買えること、茅乃舎の出汁を使ったご飯が食べれるということを知り、初めて食べたとき、あまりの美味しいさに感動して、自分用に買おうかなって思ったけどいいお値段だったので、そっと戻した。

けど!汁物とご飯は別だよね。めちゃくちゃ気になるし、絶対美味しいやつなので価格とか気にせず行ってきた。

メニューは4種類くらいあって、価格は1280〜1800円くらい。

今回はこれ。

九州の豚汁セット 1280円

とんじるではなくぶたじるらしい。

茅乃舎だしと、煮干しだしを使った味噌汁。白い容器に入っているのは、茅乃舎のだし。出汁のこれだけでも十分美味しい。焼きあごが効いてる。

入っている具は、さつまいも、ごぼう、大根、人参、ネギ、豚肉。

ごぼうは細く切られているため、味が染み込み、泥臭さが全くない。大根は味がすごくしみ込んでいて、柔らかい。大根だけで味付けしたのかな?っていうくらい味がしみてる。ネギのシャキシャキ具合も、他の具材とメリハリがついて食感に飽きない。

さつまいもは一口大くらいで、結構大きい!全然煮崩れしてない。ホクホクで味噌のしょっぱさより、さつまいもの甘みがよりわかる。豚の甘みと、さつまいもの甘みの相性もとても良い。

具だくさんの味噌汁はなぜこんなに美味しいのか…

これにはこんにゃくが入ってなかったけど、この野菜の旨味甘みを吸ったこんにゃくを、食べてみたかった。

ご飯は十穀米。

白米じゃないところがまたいいよね。十穀米は滅多に食べない為、味云々より若干固めだから良く噛んで味うけど、白米独特の甘みがない、健康に良さそうくらいしか思いつかない。

テーブルの上に置いてある、生七味と胡麻ふりかけ。

胡麻のふりかけは醤油味。塩でも十分美味しいと思うけど、ここで醤油を持ってくるあたり好き。

生七味は、蓋を開けた瞬間山椒の香りが漂ってくる。とにかく香りが良い!程よい辛さで唐辛子より、山椒や生姜の方が味わかりやすいかな?すごく食べやすい。

f:id:DAIZU3:20190712201723j:image
f:id:DAIZU3:20190712201752j:image

ここで食べた生七味と胡麻のふりかけは、隣の店舗で売ってるので、家でもこの美味しさを味わえるよ!

前回は、七草とキノコ汁食べた。

これもキノコのいい出汁が出て、七草も全く癖がなくて食べやすく、体があったまる汁物だった。

お店の情報

東京駅構内地下1F 改札外 丸ノ内地下中央口から出ると近い

営業時間 月~土祝11:00~22:00(LO21:30) 日11:00~21:00(LO20:30)

定休日 無休

お問い合わせ 03-6551-2305

千代田区丸の内1-9-1

東京駅構内 B1F 改札外 グランスタ丸の内




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 美味しいから!とにかく、食べて。 , 2019 All Rights Reserved.